2005年12月04日

セルティックパーク

P1010755(2).JPG
クラブハウス前
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 479.jpg
クラブ創立者ウォルフリッド像
sapotaer2.JPG
試合当日 続々と集まるサポーター達 早くも大盛り上がり
〓[〓яα??????Ь.bmp
セルティックの可愛いサポーター達。 日本人を見ると嬉しそうに笑顔をくれる。 俊輔が活躍しているおかげ・・・。 街中を歩いていると時折「ナカ! ナカムーラ!」と声をかけられる事も。
〓[〓яα??????Ш.bmp
セルティックの旗をマントにまとった可愛いサポーター。
旗の真ん中には日の丸。
そしてその中には俊輔の顔が・・・。
gurasugo-3.bmp
スコットランドの子供達はとても素直で可愛い。 何処かの国のような 大人に平気で生意気な口をきく控えめのない子供たちとは大違いだ。 お国柄か・・・。
P1000044.JPG
お馴染み、セルティックのクラブハウス全景。よく俊輔と共にTVや雑誌で登場するおなじみの風景。  練習はこことは別の練習場で行うが公開はしていない。
〓??〓〓〓〓〓[????.bmp
チケットセンターに並ぶ長い列
〓??〓〓〓〓〓[??????.bmp
やっと入り口へ
〓??〓〓〓〓〓[??〓×.bmp
チケットセンター内受付(前もって予約しここでチケットと交換)
P1010757(1).JPG
選手バス到着を待つサポーター達
P1010761(1).JPG
選手バス到着〜!! 続々とバスを降りる選手達、俊輔 GKボルツが降りる時は サポーターの声援は より一段と大きくなる。俊輔の人気は こちらでも半端ではない。
uma.JPG
馬に乗った警官も出動! 何と馬の上には女性警官が。
〓[〓??〓.bmp
アウェー側も一部を除き ほぼセルティックサポーターで埋め尽くされる。
入り口でチケットを機械に入れ、開いた所で入場。 しかし時々機械の誤作動で 反応しない場合もあるので 余裕を持って入る事をお勧め。
寒いので試合直前に席に着き 試合終了と同時に一気に捌ける。これが何とも早い。  
P1000054.JPG
満員のセルティックパーク。 選手のプレーに何度も拍手が起こる。 サポーターは12番目の選手だ。 セルティックの選手は必死で応援し 相手チームには 強いプレッシャーとなる。  セルティックがホームに強いのはそのおかげ。
??з.bmp
試合開始直前までは 下の売店等で食べ物などを食べたり飲んだりして過ごしているサポーターが多い。  トイレの数もバッチリ。しかしトイレのドアの凄い音にはビックリ(笑)  スコットランドはとにかく寒い。 夏でもトレーナーが欲しくなるほど。 観戦には必ず1枚余分に・・・
〓〓〓〓〓〓Э 021.jpg
????〓〓[×〓[?????? 007.jpg

P1020011.JPG
試合の翌日にはこれをゲット!
P1020013.JPG
見開きでの俊輔特集記事も!!

※この他「セルティックパーク探検」「グラスゴー市内」「グラスゴー空港」「俊輔も訪れるグラスゴーレストラン」もお楽しみ下さい。
トップページ の 「俊輔セルティック本拠地グラスゴー潜入記」よりお入り下さい。

またダイアリーでも現地情報を多数掲載しております。http://shunmari-diary.seesaa.net/
トップページよりお入り下さい
このブログのトップページはhttp://shunmari.seesaa.net/中村俊輔応援サイトです。

posted by Hiro at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック潜入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルティックパーク探検

俊輔のチーム セルティックの聖地セルティックパークの普段中々見られない部分をご紹介します。
P1010816(1).JPG
パークに訪れた沢山のかわいいサポーター達と記念撮影する主将レノン(
現在はコーチ)選手達はとてもフレンドリー!。
P1010890(1).JPG 
クラブハウス内 エントランス 
P1010835(1).JPG 
BoardRoom高級で重々しく 威厳を感じるこの部屋に・・・
P1010830(1).JPG 
セルティックの歴史を物語る数々のカップがズラリと並ぶ。
P1010829(1).JPG 
チャンピオンズカップ 優勝カップ!!1966−7シーズン
(1992−3から現在のUEFAチャンピオンズリーグに) 
P1010828(1).JPG
リーグ優勝カップ CISカップ等々
俊輔 セルティックパークレストラン 666.jpg
テネンツスコティッシュ優勝カップ&リーグ優勝カップ&俊輔SPL年間MVP選手トロフィー&年間ベストゴールトロフィー等々
俊輔 セルティックパークレストラン 665.jpg
俊輔SPL年間最優秀選手賞 MVPトロフィー
P1010836(1).JPG
快挙!チャンピオンズリーグ決勝トーナメント出場! セルティックVS ACミラン 記念(ユニにはミラン選手達のサインが)
P1010884(1).JPG
MediaRoom 記者会見はここで
セルティックパーク歴代ユニ.bmp
セルティク歴代ユニフォーム
P1010881(1).JPG
日本人記者用に 日本語で表示・・・笑
P1010851(2).JPG
俊輔 セルティックパークレストラン 669.jpg
クラブハウス内は まるで迷路、迷ったら出られない〜?
P1010888.JPG
階段の途中には超満員のセルティックパークのポスターが。 階段を上がると 上にはラウンジがある。     このラウンジの名はJOCK STEIN LOUNGE  あのビッグイヤーを獲得した時の監督名だ。
P1030719.JPG
JOCK STEIN LOUNGE
選手達は試合前 ここで軽い軽食をとる。 本格的フルコースも勿論OK。   中はとても広く 大人数でのパーティも充分対応可能になっている。
P1030722.JPG
ラウンジ内 バー カウンター
P1030721.JPG
かなり内部は広く料理もGOOD!
P1010874.JPG
セルティック聖地 ピッチへ
P1010876.JPG
セルティックの選手用ホーム側ベンチ
P1010877(1).JPG
アウェー選手用ベンチ(ホーム側より若干狭い)
P1010875.JPG
選手入場口
P1010869.JPG
選手はここからピッチへ向かう
P1010854(1).JPG
ロッドスチュアート専用席にはプレートが
P1010847(2).JPG
クラブハウス内の廊下にはチャンピオンズリーグ アウェー マンU戦で見事なFKを決めた時の俊輔のガッツポーズのデッカ〜イ写真が壁一面に貼られている。 何度見ても感動的な一瞬だ。
一度迷ったら外に出られない?と思うほど クラブハウス内は あちこち通路があり まるで迷路。 
P1040135.JPG
その奥に選手達のロッカールームがある。 広さは25畳ほど?
俊輔のロッカーは右から2番目。
P1040140(1).JPG
この奥には浴槽や スパイクがずらりとかけてある部屋がある。 
P1040146.JPG
廊下には戦術ボード。 
ZeBbN~}mX 496.jpg
沢山のサポーターに囲まれる俊輔。 以前現地のサポーターが 押し寄せた日本のサポに押され転倒するという事があり 俊輔はかなりショックを受けたらしい・・・><  皆さんご注意を!

※この他 グラスゴー潜入記では 「グラスゴー市内」「グラスゴー空港」「俊輔も訪れるグラスゴーレストラン」「セルティックオフィシャルショップ」等もお楽しみ下さい。
また「ダイアリー」でも 現地情報を多数掲載しております。http://shunmari-diary.seesaa.net/

※このサイトのトップページはhttp://shunmari.seesaa.net/中村俊輔応援サイトです。  トップページよりお入り下さい。
posted by Hiro at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック潜入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グラスゴー空港と駅。

P1000137.JPG
グラスゴー空港。
グラスゴー付近にはあまり高い山々は見当たらない。空港と市の中心地までは15キロと比較的近い。
グラスゴーはスコットランド最大の都市。地下鉄やバスも充実している。
P1000136.JPG
グラスゴー空港内。空港内にもオフィシャルショップがある)
P1010725.JPG
グラスゴー空港内オフィシャルショップ
機内持ち込みが出来るようにボール類は空気が半分抜いた状態で売っている。

成田空港からグラスゴー空港までの直行便はない。
ロンドンのヒースロー空港などで乗り換えなければならない。
乗り換え時間を含むと少なくとも15〜16時間ほど要する。
俊輔も毎回こうして往復していることを思うと、移動の大変さが身にしみてわかる。

ご注意をexclamation
ヒースローでの乗り継ぎは要注意だ。  特に出発が遅れている場合等 掲示版に掲示されている時間を信じてのんびりしていると 突然少し早まり とり残されてしまうという事も。    余裕を持って乗り場で待機しておく事  1度だけでなく 何度も掲示板を確認する事をお勧めする。 
これには俊輔もやられた。  代表戦での帰り? ラーメンを食べていて 乗り遅れ 置いていかれるというエピソードが。。。笑    しっかりチェックインしてあっても その時いなければ関係なく置いていかれるので要注意だ。 
俊輔 セルティックパークレストラン 690.jpg
セントラル駅。
俊輔 セルティックパークレストラン 688.jpg
グラスゴーには二つの鉄道駅がある。その一つがここ。
この駅の直ぐ近くにオフィシャルショップがある。 周りには沢山の店が立ち並びとてもにぎやか。 セルティックパークへ行くにはここから鉄道に乗って約5分の ブリッジトン駅で降り10分程歩くと着く。 
FH000002.jpg
クイーンストリート駅。
俊輔 セルティックパークレストラン 771.jpg
セントラル駅とは徒歩で8分位の所にある。目の前は街の中心ジョージスクエア。
この駅の左側にオフィシャルショップがある。
9時頃からオープンしております。

※この他グラスゴー潜入記で「グラスゴー市内」「セルティックパーク」「セルティックパーク探検」「俊輔も訪れるグラスゴーレストラン」「セルティックオフィシャルショップ」もお楽しみ下さい。
トップページの 「俊輔セルティック本拠地グラスゴー潜入記」よりお入り下さい。

また「ダイアリー」でも現地情報を数多く掲載しております。
http://shunmari-diary.seesaa.net/

※このブログのトップページはShunMari.com中村俊輔応援サイトです。 http://shunmari.seesaa.net/
トップページよりお入り下さい
posted by Hiro at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック潜入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グラスゴー市内中心部

〓〓〓〓[γ????.bmp
グラスゴー市内
〓〓〓〓[γ??.bmp
グラスゴー市内Argyleストリート
P1010763.JPG
グラスゴーSauchiehallストリート
俊輔 セルティックパークレストラン 697.jpg
Buchananストリート
??????????????.bmp
現代美術館(俊輔のDVDにも何度か登場)
P1000024.JPG
グラスゴーの朝とUKで有名な2階建てバス。
この季節(12月)グラスゴーは朝8時半頃にならないと明るくならない。
しかも夕方4時半にはもう暗くなってくる。
それとは逆に 夏は 夜9時になってもまだ薄明るく 慣れないと不思議な感覚に・・・。
??????????〓〓〓〓〓〓.bmp
夜の現代美術館。
夜はライトアップされてとてもきれい。
P1000034.JPG
ジョージスクエアにある市庁舎。
12月ジョージスクエアはクリスマスイルミネーション真っ盛り。 この季節広場に超高速メリーゴーランドが登場)
γ??〓я〓〓[.bmp
★スコットランドの道路は日本と同じ右ハンドルの左側通行。従って日本人には運転しやすい。 しかし交差点では信号のないロータリー式になっている所が多い為 歩行者は道路横断時 車には要注意だ。
またエスカレーターでは右側に立ち、左を空ける。日本(関東)とは逆。

※この他「セルティックパーク」 「セルティックパーク探検」 「グラスゴー空港」 「セルティックオフィシャルショップ」 「俊輔も訪れるグラスゴーレストラン」もお楽しみ下さい。
トップページ の 「俊輔セルティック本拠地グラスゴー潜入記」よりお入り下さい。

また「ダイアリー」でも 現地情報を多数掲載しております。
http://shunmari-diary.seesaa.net/

このブログのトップページは http://shunmari.seesaa.net/
中村俊輔応援サイト ShunMari.comです
トップページよりお入り下さい
posted by Hiro at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック潜入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルティックオフィシャルショップ

P1000037.JPG
M5B29009.jpg
クイーンストリート駅近くのオフィシャルショップ。
小さめだが、スコッチ類も置いてあり、店頭に出ていない品物もお店の人に説明すれば奥から出してくれる場合も・・・。 レジの裏に日本語での挨拶のカンペ発見・・笑  日曜休。 開店は9時頃。
(注)確かセルティックのオフィシャルショップはTCは使用できない。 旅行客は現金かカードが無難。 

FH020019.jpg
FH020017_1.jpg

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓??я????.bmp
セントラル駅近くのオフィシャルショップ。
地元サポーターも多く訪れている。
1階 店舗の規模の割には2階が広く品揃えも豊富。
しかし開店時間はクイーンストリート駅の店よりやや遅め。試合のあるなしでも変わるが早くても10時半位から。無休。セルティックの服は普段着になるようなデザインのものが多い。
P1010766.JPG
Sauchiehallストリートのオフィシャルショップ(直ぐ隣はマッキントッシュの建築デザインで知られる Willow tea-room)
shoppu2.JPG
1階店内 (朝9時からオープンしています)
ShoppuR.JPG
地下では背番号マーキングも
P1010767.JPG
ショップ地下レジ
FH020003.jpg
セルティックパークのスタジアムショップ。
試合当日は大勢のサポーターで賑わう。 
〓[〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓????.bmp
グラスゴーでは一番規模が大きい。イタリアの時とは違い、ユニは勿論の事 衣類をはじめ、カーテン パジャマ スリッパ 灰皿 おまけにペット用品まで・・・とありとあらゆるものが揃ってしまう。
P1010891(1).JPG
俊輔グッズも色々・・・
〓[〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓????.bmp
セルティックのサポーターの年齢層はかなり幅広い。 小さな赤ちゃんからお年寄りまで 男性も女性も。  
 〓[〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓??〓×.bmp
レジも何台もある。 が・・・お国柄か 2台程度しか開けておらず場合によっては待たされる事も多々ある。    何事も余裕を持って!
俊輔 セルティックパークレストラン 661.jpg
水野ユニも並ぶ
ショップ人型.bmp
〓〓??я??〓.bmp
試合当日のマーキングは お早めに!
ユニを買いマーキングをしてもらう為には 先ずレジでユニを購入する時に マーキングして欲しい旨をきちんと店員に伝え、その分も支払いに入れておく。
購入したらレジとは反対側にある(マーキング用?)カウンターにレシートと共に持って行き 入れて欲しい選手の名前を伝える。(CL用のマーク等も対応してくれる)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓 011.jpg
こんな俊輔グッズはいかが?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓 012.jpg
????〓〓〓〓〓 009.jpg
????〓〓〓〓〓 003.jpg
俊輔 セルティックパークレストラン 838.jpg
チャンピオンズリーグ決勝トーナメント セルティック×バルセロナ
俊輔 セルティックパークレストラン 834.jpg
俊輔 セルティックパークレストラン 839.jpg

俊輔 セルティックパークレストラン 845.jpg
俊輔 セルティックパークレストラン 846.jpg
INSIDE THE HOOPS

P1020024.JPG

P1020027.JPG

チャンピオンズリーグ  セルティック×マンチェスターU


※セルティック現地情報詳細はDialy(英国現地情報1〜6  管理人Hiroの現地情報1〜6弾)にも掲載中です。    またそのコメント覧にも 現地情報についてのものが多く掲載されています。
http://shunmari-diary.seesaa.net/

※この他「セルティックパーク」 「セルティックパーク探検」 「グラスゴー市内 空港」 「俊輔も訪れるグラスゴーレストラン」もお楽しみ下さい。 
トップページの「俊輔セルティック本拠地グラスゴー潜入記」よりお入り下さい。
セルティックグッズはこの他「ユニホーム&グッズギャラリー」にて掲載中
トップページよりお入り下さい
http://shunmari.seesaa.net/
posted by Hiro at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック潜入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俊輔も訪れるグラスゴーのレストラン

M5B29000.jpg
俊輔も訪れる日本食レストラン 『一番』 『Ichiban』。 ジョージスクエア近くにある。 入り口にはひらがなで「いちばんへようこそ」と書かれた看板がある。
P1000036.JPG
焼きそば、餃子、寿司、カレーライスまでとメニューは豊富。
焼きそばは3種類位ある。地元客が多いが皆箸を器用に使って食べている。 ここのウーロン茶は美味い! しかし・・・寿司はやや高め。
餃子のお味はやや微妙・・・(笑) 量がやや多めの為 何人かで色々な物を注文するとグッド。

 ★この店の他にもグラスゴーには何軒か日本食屋がある。 

俊輔が新聞にパパラッチされた「オコ」という回転寿司屋もここから歩いていける距離。 1階が回転寿司で 2階がバーになっている。
仲良しのチームメイト ペトロフも寿司が大好きで 俊輔はよく「寿司行こ〜!」といわれるらしい。 ペトロフの好物寿司ネタは 意外にも・・エビ。しかも生の。
ペトロフとのあの絶妙なコンビネーションは寿司屋で育まれている・・・笑
ちなみに俊輔の好きなネタは白身の魚類。
どうやら最近ではペトロフに加え GKボルツも「オコ」に出没するらしい。
ちなみにこの「オコ」には寿司だけでなく 焼き鳥や餃子(笑)まである。
寿司屋に餃子がある事にも驚いたが 餃子の色にはもっと驚きが・・・。
※現在ペトロフは移籍しています

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
P1010757.JPG
☆俊輔も時々訪れるチャイニーズレストラン『JADE GARDEN』
P1010761.JPG
P1010751.JPG
入り口は狭いが階段を上がって2階へ。 中は思ったより広い。
P1010743.JPG
ここの辛酸っぱい味のスープがお気に入りとの俊輔 
  P1010746.JPG
その名の通り Hot and sour soup
ここは結構品数も多く 味もおいしい。  食事前には白いおせんべい(?) 食後にはチョコレートが出てくる。
このほか 最近では レッジョ出身の人がやっているイタリアンレストランにも俊輔は時々訪れている。 やや高めだが 良くしてくれるらしい。

【ちょっと裏話】
以前TBSの土井アナが取材に訪れた際 ここでも撮影が行われた。
当時 俊輔の自宅での撮影も行われ TVでも流されたことから ここをご存知の方も多いはず。    実はその時 俊輔の自宅で土井アナの高そうな自前カメラと取材機器が ぶつかり 土井アナのカメラが壊れるというハプニングが・・・。 それでも 「大丈夫ですよ〜><」 と笑顔を見せた土井アナ・・・さすが〜    ここだけのお話でした。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆    
P1030703(1).JPG
こちらも俊輔が訪れているレストラン「NANAKUSA」
P1030700(1).JPG
一番 オコ の他 最近出来たのが この日本料理「NANAKUSA」。  天ぷらをはじめ 寿司 刺身 揚げ出し豆腐に焼肉・・・とメニューは豊富。   夜間は あまりいい環境とは言えないが 俊輔の自宅からも 比較的近いので 日本食が恋しくなった時は助かる。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆    

P1030999.JPG
日本食レストラン?「ワガママ」 
P1040001.JPG
グラスゴー中心部にある「ワガママ」という日本食レストラン。 この店は確かロンドン ヒースロー空港にもある。
ラーメン系 焼きうどん カレー などがあり 皆 現地の人は 割り箸で上手に食べている。    
注文すると 店員さんが机の上にある紙のシートに なにやら番号を書いていく。  注文したものの番号か?  料理が来ると それにチェックを入れる仕組みのよう。     最後の方でまた 注文したものが全て来たか  もう注文はないかを聞きに来る。   なければ会計のレシートをお皿つきで(笑)渡してくれる。    お金はそのお皿に乗せれば支払い終了というわけだ。    

結構客も入っている。   毎晩のように混んでいて2度目に行った時は結構待たされた。   それにしても何で店の名前が 「ワガママ」 になったのか・・・  ちょっと気になる。

★おまけ
レッジョにいた時と違って スコットランドではこうして何軒か日本食屋や チャイニーズレストランもあり ホッとしている俊輔。  念願の納豆も買える。 納豆はどこでも売っているわけではないので トレーナーがまとめて買いに行くと その店の納豆は売り切れ状態に。 お近くにお住まいの方・・。最近納豆がすぐ売れてしまうのはこれが原因かも・・・(笑)   しかも納豆にポン酢?  豆腐は売ってないので手作り豆腐で。  
しかし俊輔が日本に帰国したら絶対日本食か・・・と思いきや 何とイタリアンなんていう場合もあるほど、結構イタメシも好きなようだ。 3年住んでいるうちに身体にもイタリアンが染み込んだか?

※この他「セルティックパーク」「セルティックパーク探検」「グラスゴー市内中心部」「グラスゴー空港と駅」「セルティックオフィシャルショップ」「俊輔を囲む英国スコットランド周辺」等もお楽しみ下さい。
またダイアリーでも現地情報を数多く掲載しております
http://shunmari-diary.seesaa.net/
※このサイトのトップページはhttp://shunmari.seesaa.net/中村俊輔応援サイトです。  トップページよりお入り下さい。
posted by Hiro at 21:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック潜入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俊輔を囲む英国スコットランド周辺

★俊輔を囲む英国スコットランド周辺★

P1030648(1).JPG
グラスゴー大聖堂
平日午前など あまりひと気の多くない時間帯に訪れるのがグッド。 
既に千五百年以上保護されているこの大聖堂。  
P1000187(1).JPG
見事なステンドグラスと天井、 地下にも下部礼拝堂があり 素晴らしいスコットランド建築の見本となっている。  静寂の中 パイプオルガンの音が響き渡れば感動もの。  大聖堂の周りはキリスト教徒の墓地となっている。
P1000185(1).JPG

グラスゴー大学
P1000293.JPG
P1000307.JPG
この大学では俊輔のDVD 写真集の撮影も行われた。 学内のこのアーチは見事。 地下ではキャンパスグッズも販売されている。 
P1000304.JPG

俊輔情報発信地 イギリスBBC放送
P1000329.JPG
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 690.JPG
ロンドン市内
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 679.JPG
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 833(1).JPG
自然史博物館
??????〓〓〓〓×?????? 202.jpg
大英博物館
〓×〓〓〓Д¢〓〓.bmp
スコットランドといえば・・・エディンバラ!
〓×〓〓〓??.bmp
エディンバラ市内 歴史を感じる街並みが続く
セルティック×マリノス 561.JPG
エディンバラに向かう坂道にはスコットランドらしいお土産が並ぶ
〓〓〓〓〓〓~〓〓〓〓 565.JPG
名物バグパイプ!
セルティック×マリノス 560.JPG
坂道を登りきると・・・エディンバラ城へ
夏には年に1度の祭り ミリタリー・タトゥーが開催され エディンバラの街は多くの人で賑わう。ブルーの席は そのイベントの準備)
〓×〓〓〓????¢¢.bmp
世界遺産 エディンバラ城
セルティック×マリノス 533.JPG
〓×〓〓〓????.bmp
エディンバラ城からの眺め
ZeBbN~}mX 527.JPG
大砲発射台
ZeBbN~}mX 531.JPG
大砲。 毎日午後1時になると 空砲が撃たれる。 オフに訪れた俊輔は その爆音の ど迫力に思わずビビッて ビデオを構えていたにも拘らず ビデオ収録に失敗してしまったらしい(笑)


★ ★首都エディンバラへの交通情報★ ★
グラスゴーから エディンバラへは鉄道&バスなどがある。 管理人としてはバスもいいが 時間の正確な鉄道がお勧め。
P1030767(1).JPG
ジョージスクエア前のクイーンストリート駅から スコットレールで50分で着く。  平日は15分置き位に出ているが 休みの日は30分置き程度。  グラスゴーに戻るなら リターンチケットを購入するといい。  約9£。   グループでの旅ならもっとお得だ。  人数にも寄るが 4人集まれば 半額近く5£弱になる。 
P1030769.JPG
クイーンストリート駅構内とスコットレール
また車内も綺麗で グループなら向きあわせで座れ 途中の車窓もとても のどかだ。  車内に乗り込むにはドアのボタンを押すと扉が開く。
P1030776(1).JPG
P1030778.JPG
エディンバラウェイバリー駅に着くと 周りには歴史を感じる建物が。
ここから勿論 エディンバラ城まで歩いて行けるが 足に自信のない方は 駅構内でタクシーを拾い先ず城の入り口までタクシーで。 帰りに土産屋を覗きながら のんびり歩いて下って来るのがお勧め。   駅から城の入り口まではタクシーでは5分程だが 全て登り坂だ。   
エディンバラ城の入城料は 11£位。  中に入った所で 各国の解説の聞ける音声ガイドも借りられる。 有料 日本語あり。  
スコットランドは寒い・・・が この城の付近は更に寒いので 防寒対策はバッチリと。  


★通貨★
〓〓〓〓R 001.jpg
〓〓〓〓R 003.jpg
スコットランド通貨は ポンド(ペンス)
現在(2005年)日本で購入する場合は1ポンド=210〜240円程。
1ポンド=100ペンス
スコットランドでは国内独自の紙幣も発行しており、スコットランド内では難なく使用出来るが、日本へ帰国後 両替は出来ない。
おつり等で貰う事が多いが なるべく滞在中に使い切ってしまうといい。
また英国の物価は決して安くはない。 殆どの物品に17.5%の税金がかかっており 国外からの旅行者が買い物をした場合は(ある程度まとまった額・・50〜90ポンド以上)その店で免税の書類を貰い、レシートを添えて出国時に税関で申請すると、全額ではないが戻ってくる。  (ホテル代、飲食等の料金は戻らない)

 ★土産★
スコットランドといえばスコッチウイスキーとタータンチェックもの。 タータンチェックは様々な土産を売っている。   紅茶 ショートブレッドというビスケットのようなものも良く売られている。
そうそう・・もう一つ 忘れてはならない!セルティックグッズ!

★今 スコットランドで一番有名な日本人★

セルティック MF 中村俊輔

今やセルティックの要となった俊輔 マンチェスターU相手に自らの素晴らしいゴールで チームをチャンピオンズリーグ決勝トーナメントに進出させ セルティックの新たな歴史を刻んだ。 世界のトッププレイヤーnakamuraの誕生だ。

この他「セルティックパーク」 「セルティックパーク探検」 「セルティックオフィシャルショップ」 「グラスゴー市内」他もお楽しみ下さい。     トップページの「俊輔セルティック本拠地グラスゴー潜入記」からお入り下さい。

ひらめき現地情報は 「ダイアリー」管理人Hiroの現地情報第1弾〜6弾  英国現地情報1〜6 & コメント覧でも多数掲載中です。  ご質問等は BBS またはトップページアドレスへ 
中村俊輔応援サイト ShunMari.com トップページからお入り下さい!  http://shunmari.seesaa.net/
posted by Hiro at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 俊輔セルティック潜入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。